スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
大切な南極
 2007.05.29 Tue
くじラブ・ワゴン 第8話の感想です。

第8話はなぜクジラは南極へ行くのかというのをメインに勧められるわけなのですが、クジラは皮下脂肪が厚いので冷たい海水の中でも生活が出来るそう…。そこは成程納得する部分ではあります。油が取れるというのは最初の方で出てきたので、相当厚いんだろうなあ。また、南極は、夏になると海水の塩分濃度が薄くなり、プランクトンなどが増え→エサが増えていく。その辺を凄くクジラは利用しているんですね。クジラにとって、南極はエサが豊富で、生活に欠かせない場所であるという事が分かりました。しかし昨今の温暖化などで、そういう生態系が崩れなければいいなあと思う次第です。

クジラとイルカは同じ仲間で、大きさで区別しているなんて知らなかった…。

※BloMotion・キャンペーン参加記事

スポンサーサイト
雑記
キャレオホームページ 派遣のお仕事検索| HOME | クジラって、どんな動物?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。